Ormentiaについて

フェアトレードの普及

日本ではフェアトレードが広まりにくいと言われています。それは何故でしょうか? 近年、フェアトレードがメディアでも取り上げられるようになり、関心を持つ企業や個人は確実に増えていますが、思うように製品化への実現には至らない事も多く、消費者への認知度も未だ低いのが現状です。
「この商品を一つ購入すると、具体的に幾らが現地に寄付されているのですか?」という質問が多く、フェアトレード=「寄付」又は「チャリティ」との見方が大半ではないでしょうか? フェアトレード商品を選択する事は、消費者としての「責任」だとの考え方は日本では未だ馴染みにくいようです。

フェアトレードは、対話、透明性、敬意を基盤とし、より公平な条件化で国際貿易を行うことを目指す貿易パートナーシップである事を認識して下さい。 途上国の立場の弱い生産者や労働者に対して、より良い貿易条件を提供し、かつ彼らの権利を守ることにより、フェアトレードは持続可能な発展に貢献するのです。 生産者の支援、啓発活動、及び従来の国際貿易のルール慣行を変える運動になります。

利益の為に何事も犠牲にする現在の経済システムは、人と環境を蝕み、貧困のある不公平な社会を生み出します。 透明性を保ち、お互いの敬意に基づいた貿易を行う事で、アジアやアフリカ、中南米などの農村や都市のスラムに暮らす人々に仕事の機会を提供することで、自らの力 で暮らしを向上させる支援が出来るのです。

このページの先頭へ
Copyright © 2010 Ormentia. All rights reserved.